頭ジラミの感染で髪の毛を短く切る対処法は有効ですか?

髪の毛を短くすることでアタマジラミの観察が容易になる

頭ジラミの寄生に気付くのが遅く、ひどく繁殖してしまったという場合、髪の毛を切り落としてはどうかと考えるかもしれませんが、実際に簡単に切り落とせるのかと言うとそうではないと思います。

また、頭ジラミは髪の毛の根元付近にしがみつき、卵は根本に近い場所に産み付けられることもありますので、駆除のために髪の毛を切るとなると相当短く刈り込むか剃るかしなければ駆除効率を上げることには繋がらないでしょう。

ただ、もし髪の毛を切り落とせるのであれば、少し短くするだけでも観察が容易になるので処理は楽になる可能性があるというメリットがあります。薬剤を使用する場合には使用量の節約につながりますし、何より頭ジラミに対する処置を主に行うであろう保護者の方の負担の軽減になります。

また、髪の毛を短くすることで他人に感染させる危険性だけでなく感染する危険性も幾分減る可能性があるので、頭ジラミの駆除法としてもしくは予防法として、一定の効果は見込めます。

ただし、髪の毛を切ることに対する精神的な負担を考慮すると、駆除が楽になる、感染の確率が少しばかり減るかもしれないという理由だけで実行するのは難しい処置法であります。

では、髪の毛を切ることに抵抗がない場合は切った方が良いのでしょうか?

主な効果は上述した通りですが、コームと薬剤を使用することで頭ジラミの駆除は可能ですので、髪の毛を切るという選択肢はあくまで抵抗がない方が行う場合に限り、ある程度のメリットがある処置だとお考えください。

良く読まれているページ

アタマジラミの生態について

ホームへ戻る