アタマジラミの生態を把握して正しい駆除を行う必要性

頭髪に寄生し強いかゆみを引き起こすアタマジラミは、特に幼児や小児の間で感染が広がることが多く、その存在に気がついたときには既に繁殖を繰り返しており、膨大な数の頭ジラミが頭髪にしがみついていたというケースも珍しくありません。

アタマジラミは駆除を施さない限り、強いかゆみと精神的な不快感がつきまとい続けます。また、「虫が頭に寄生する」「接触により感染する」といったアタマジラミ特有の生態により、子供同士でいじめの原因となったり、不潔な扱いをうけたりする状況も懸念されます。したがってアタマジラミの寄生に気がついたなら、迅速且つ正しい対処が大変重要となっています。

アタマジラミは誰の頭にも寄生して繁殖する

アタマジラミは清潔・不潔に関係なく感染し、宿主の生活習慣の違いによる影響をほとんど受けないまま誰の頭にもうつり繁殖を繰り返します。

誰もが等しく寄生される可能性がありますから、宿主や宿主が使用した帽子・ヘルメット・タオル等に近寄らないようにするといった方法は間違いとは言えません。

しかしながら、お子様がそのように忌避対象として扱われること、またはよそのお子様をそのように扱ってしまうことによって、アタマジラミの寄生や症状とは関係のないところで不快な経験をすることがあれば大変に不憫なものです。

アタマジラミは誰にでも寄生し、放置すれば着実に繁殖を繰り返す吸血昆虫です。アタマジラミの生態をしっかりと理解し、正しく対処を施すことで、思いがけない寄生に伴って懸念される問題を事前に防ぐことが可能となります。

ただし、「虱潰し(しらみつぶし)」という言葉がある通り、アタマジラミの駆除はある程度の根気と細やかな観察が必要となります。各家庭においては、「なによりお子様の苦痛が大きくならないうちに…」といった意識を持って対処に望むとよいでしょう。

良く読まれているページ

アタマジラミの生態について

ホームへ戻る